パソコン

自作とBTOとメーカーPCのそれぞれメリットとデメリットとは?

自作パソコンとは

自作パソコンとは、ユーザ自身がパソコン部品を購入し組み立てたパソコンのことです。

自作パソコンのメリット・デメリット

メリット デメリット
パソコンの仕組みを理解できる。 PCパーツを予算に合わせてカスタマイズできる 高い拡張性がある。 自由にパーツ構成が選択できる。 PCの組み立てができないと使用できない。 手厚いメーカーサポートがない。 統一したマニュアル・説明書がない。 「パーツの相性問題」が発生する可能性がある。 無駄なアプリがない。 保証がパーツの単体のみである。

自作パソコンは、自分だけのオリジナルパソコンを作ることができます。 パーツを自ら選び、組み込むことでパソコンに詳しくなり、パソコンの仕組みを理解することができます。 しかし、BTOパソコンより値段が高くなることがあります。 値段を重視する場合は、BTOパソコンでパーツをカスタマイズするといいでしょう。

こんな方に、自作パソコンはおすすめ!

  • オリジナルのパソコンを作りたい方
  • 自分にぴったりなパソコンを作りたい方
  • パーツを自分で選び楽しみたい方

BTOパソコン

BTOは、「Build to Order」といい、受注生産という意味です。 ユーザーが一部の構成(メモリー、HDDの容量やGPUの搭載、OSの種類など)を選んで、注文を受けてからメーカーが組み立てたパソコンのこと。 BTOメーカーは、下記のようなところがあります。

  • ドスパラ
  • フェイス
  • パソコン工房
  • TSUKUMO
  • PCDEPOT WEB本店

BTOパソコンのメリット・デメリット

メリット デメリット
PCパーツを予算に合わせてカスタマイズできる。 コストを安く抑えることができる。 動作保証がついている。 知識があればPCパーツの拡張や交換ができる。 組立てられたパソコンが届く。 無駄なアプリがない。 注文から出荷まで数日かかる場合がある。 自作パソコンほど自由にカスタマイズできない。 直接見てデザインを確認できない。

BTOパソコンは、バルク品を大量に仕入れるため、自作PCよりも安くなる場合があります。動作確認済なので「パーツの相性問題」がありません。

こんな方に、自作パソコンはおすすめ!

  • 自作パソコンを作る時間がない方
  • 安くパソコンを作りたい方

メーカー製パソコン

メーカーパソコンとは、メーカーが製造したパソコンのこと。 メーカー(ナショナルブランド)は、下記のようなところがあります。

  • ソニー
  • NEC
  • 富士通
  • DEII
  • Apple

メーカー製パソコンのメリット・デメリット

メリット デメリット
実際に見て購入できる、店頭販売が多い. メーカー保証が手厚い。 組立てられたパソコンが届く。 拡張性が低い。 メーカー独自のアプリが組み込まれている。 パーツ構成が希望通りではない。 自由にカスタマイズできない。 分解すると保証対象外になることがある。

メーカー製パソコンは、抜群の安定性で、充実なサポートがついています。 独自規格のパーツがあったり、分解すると保証対象外になったりと、ユーザー自身の修理やカスタマイズができないので注意しましょう。

こんな方に、メーカー製パソコンはおすすめ!

  • メーカーの手厚いサポートが欲しい方
  • 購入後の拡張等をあまり考えていない方
  • パソコンの初心者、組み立ての知識がない方

まとめ

自作PC、BTO PC、メーカー製パソコンには、それぞれのメリット、デメリットがあります。よく調べて、自分に合った性能、価格のパソコンを選びましょう。