WordPress

WordPressでプラグインを使わずに定型文を表示させる方法

今回はWordPressでプラグインを使わずに定型文を表示させる方法を紹介します。 定型文に広告なども入れることもできます。

定型文を入れる方法

まず、fnctions.phpに次のコードを入力します。

functions.phpの編集を行う前にバックアップを作っておきましょう。

【PHPコード】
//定型文
function post_bottom($content){
     $text = ‘ここに定型文が入ります。‘;
          if(is_single()){
     return $content.$text;
     }
}
add_filter(‘the_content’, ‘post_bottom’);

このように入力すると記事の下に”ここに定型文が入ります。”という文章を表示させることができます。 $text = ‘○○’;に書き込んだ文章(htmlコード)が記事の下に表示されます。 ここに広告コードを張り付けると広告の表示もできます。

定型文を表示させるページを変える

定型文を入れるページを変えるには、if文(4行目)を書き換えます。

//記事ページ
if(is_single()){
//固定ページ”
if(is_page()){
//記事ぺージと固定ページ
if(is_single() || is_page()){

そのほかのページに出力したい場合やより細かく指定したい場合は、こちらをご覧ください。

WordPress Codex 条件分岐タグ

記事の上に入れる場合

記事の上に入れる場合は、returnの部分(5行目)を書き換えます。 $contentの前に$textを入れます。

【PHPコード】
//定型文
function post_bottom($content){
     $text = ‘ここに定型文が入ります。’;
     if(is_single()){
          return $text.$content;
     }
}

*$textの後にあるピリオドを忘れないように注意してください。

定型文を装飾する

管理ページの外観>カスタマイズ>追加CSSで装飾で装飾を行います。

まとめ

今回は、プラグインを使わずに定型文を表示させる方法を紹介しました。 テーマを直接書き換える必要がないので安全に作業できます。 必ずバックアップをしてから試してみてください。